FAQ

製品の使い方について
故障・不良かな?と思ったら
その他の質問

 


電源変換アダプターってなんですか?
電源プラグ形状の変換アダプタです。
世界の電源コンセント形状は日本と異なり、海外で電気製品を使用する際は電源コンセントの形状ごとに変換プラグを用意する必要があります。
弊社では世界中の電源コンセントの形状に合わせて様々なタイプ(A、B、B3、BF、C、O、SE、CB、B3L)をご用意しています。渡航先の電源コンセントの形状に合わせて、オス側のタイプをお選び下さい。
電源変換アダプターに変圧機能はついていますか?
電圧の変換は出来ません。
日本の電圧は100Vで共通していますが、世界各国の電圧は110V-240Vまでと様々です。
お使いになる電気製品が現地の電圧に対応していない時は、消費電力容量に合わせた変圧器、あるいは海外対応の電源ケーブルをお持ち下さい。渡航先の電源コンセントの形状に合わせて、オス側のタイプをお選び下さい。
渡航国のコンセント(電源プラグ)形状が分かりません。
「海外電源情報」をご参照ください。これだけでは不安な方はお気軽にお問合せください。
変圧器ってなんですか?
日本の100V専用の電気製品を海外で使うためには、海外の電圧(110~240V)を100Vに変換する電圧変換機が必要となります。 その際使用するのが、変圧器です。
もし海外の電圧そのままで100V専用の電気製品を使用してしまうと、その電気製品が故障してしまう恐れがありますので、変圧が必要な場所でのご使用の際は必ず変圧器をかませてからご使用ください。
変圧器はどれを買えばいいですか?
渡航先の電圧と、持って行きたい電気製品の消費電力(W)を予めご確認いただき、それに合った容量のある変圧器をご用意ください。
例えば、デジタルカメラや携帯電話の充電ならば消費電力が少ないので30Wのもので間に合う場合が多く、ノートPCの駆動などは消費電力が多めなので100W以上のものが必要です。
また、電熱機器やモーター機器の中には、起動後安定するまでその機器に記載されている2倍以上の定格容量VA(W)を必要とするものもありますのでご注意ください。
※お使いになる電気製品によって消費電力がことなりますので、あくまで目安とお考え下さい。
変圧器を選ぶ時の注意点はありますか。
熱器具は消費電力×2、モーター仕様の製品は消費電力×3倍の変圧器が必要です。
例)1200Wのドライヤーの場合  →3600W以上の変圧器が必要となります。
ただし、変圧器のメーカーの性能にもより、許容範囲は異なりますので、ご不安な場合はお問い合わせいただく事をオススメいたします。
1台の変圧器で複数の電化製品が使えますか?
容量に十分余裕をもっていただいているのであれば接続可能です。目安としては、合計した電化製品の消費電力が変圧器の容量の70~80%程度におさまっているかどうかを目安として下さい。
※熱を発するものやモーター仕様の製品で消費電力が大きいものの場合は、できるだけ変圧器1台に電化製品1台としてご使用下さい。
パスポート用スキミングブロック(MB07)はクレジットカードにも使えますか?
電圧の変換は出来ません。
ICチップ搭載のクレジットカードであれば、ご利用頂けます。
なおその際、カードがスキミングブロックで覆われるようにして下さい。
カード用スキミングブロック(MB06)は、1つで何枚のカードを保護してくれますか?
MB06スキミングブロック1枚につき1枚まで保護することが可能です。
なお、SuicaやPasmoなどにご使用される時は、カードを使用する際、本品と交通カードを離してからご使用ください。

受け口が固くて途中までしか差し込めません。
安全上、変換プラグからプラグが抜けないようにメス側部分が若干きつめに作られております。
壁側にプラグを差し込む前に、変換プラグにお持ちの電気製品のプラグを安定した場所で力強く差し込んでください。
一度抜き差しすると、入れやすくなります。それでも固くて入らない場合は交換出来ますので、弊社宛ご連絡下さい。
USB充電ができないのですが・・
接続した機器が、タップの定格容量を超えていませんか?
各商品に定められている定格容量を超えると正常に充電できない場合があります。
また、ipad充電は可能な商品と不可能な商品がございます。
■可能な商品・・・スイングUSBタップ(RW98)
■不可能な商品・・・スマート2wayタップ(RW92,VA24)、ポケットUSB W(RW72)※全て旧製品です。
ただし、各商品に定められている定格容量を超えると正常に充電できない場合があります。
ケトルの中に白い塊ができてしまった / 白い粉のようなものが浮いている。
水の成分である炭酸カルシウムが付着したものなのでこのまま飲んでいただいても問題ないかとは思いますが、一般的な電気ポット同様掃除することをお勧めいたします。
お酢またはクエン酸で取り除くことができますのでお試しください。
●お酢の場合=ケトルで一度水を沸騰させ、その中に大さじ1杯のお酢を入れる。そのまま半日ほど置く。
●クエン酸の場合=水500Lにクエン酸約15gを入れ溶かす。その水でお湯を沸かし、捨てた後やわらかいスポンジなどで中をこする。
電源プラグ変換アダプターを使用して充電・使用中に突然通電しなくなった!
まずはお使いの電化製品の対応入力電圧をご確認ください。
使用していた電化製品は、海外の電圧に対応しております製品でしょうか。
本体、または取扱説明書などに「入力電圧(INPUT)100V~240V」等の記載があれば世界対応のものとなります。
弊社の電源変換アダプターは変圧機能がございませんので、使用される電化製品が海外(240V)対応していない場合、電源プラグ変換アダプターの他に別途渡航先の電圧に合った変圧器をご使用ください。
通電が止まった理由としては過電流によって機器側の制御が作動したか、制御装置がついていない機器の場合は故障の可能性もございます。機器の調査をオススメいたします。
「RW98 スイングUSBタップ」でiPhone5を充電中に操作しようとすると、タッチパネルが正常に動作しない
iPhone5シリーズ本体の磁気により、場合によってはタッチパネルの操作が不安定になる場合がございます。
恐れ入りますが、充電中は操作をしないようにお勧めいたします。
「RW98スイングUSBタップ」の故障・初期不良ではございませんのでご安心ください。
また、充電によってiPhone5シリーズの故障の直接の原因になることはございません。

ポータブルゲーム機を海外で充電したい
充電用ACアダプターが100V~240Vに対応している場合は海外でそのまま充電が可能です。
渡航先のコンセント形状にあわせたプラグ変換アダプターをご用意ください。
変圧器の使用につきましては、性質上、変圧器の使用を推奨していない場合もございますので各ゲーム機メーカーにお問合せいただき、メーカーの案内に従ってご利用ください。
日本のドライヤーを海外で使いたい
まず、日本用(100V)のドライヤーを海外で使う場合には、必ず変圧器をご購入下さい。
ドライヤーのような内部に電熱線のある製品は、使用開始時にはその2倍の電力が必要となる場合がございますので、お持ちになるドライヤーの消費電力(W数)をお調べいただき、少なくともその倍の容量がある変圧器をご購入下さい。しかしながら、1000W以上の定格容量の変圧器は大きさも値段もかなり上がってしまいます。
ドライヤー本体に変圧機能の付いた製品も販売されておりますので、そのような製品をお持ちになられたほうがよろしいと思います。
海外の電気製品を日本で使いたい
海外の電気製品を日本で使うには2つの製品が必要となります。
1.海外のプラグ形状を日本のAタイプに変換する「電源プラグ変換アダプター」
2.100Vを110V~240Vに上げる「アップトランス」

  • まずプラグ形状をご確認ください。日本と同じ形(Aタイプ)でしょうか。プラグ形状がAタイプでない場合、海外のプラグ形状をAタイプに変換する、電源プラグ変換アダプターが必要です。
  • 次に、入力電圧をご確認ください。「INPUT 100V~○○V」等、100V対応の記載はありますでしょうか。100V対応していない場合、100Vを必要な電圧まで上げるアップトランスが必要です。

プラグの形がAタイプで、入力電圧が100V対応の場合はそのまま日本のコンセントに差し込んで使用することが可能です。

「日本国内では使用できません」という表記がありますが、日本で使うと壊れてしまうのですか?
当社の変換プラグは海外での使用を目的としているため、日本国内の電気規格(PSE)を取得できておりません。但し、経産省の例外承認を受けて国内販売しており、そのため日本国内では使用出来ない旨、表記するよう指導を受けております。
なお、海外の電圧に対応している製品ですので日本国内でご使用いただいても過電流等で機器が壊れることはございませんが、日本国内での使用は保証対象外となってしまいますので、恐れ入りますがお客様ご自身の責任でのご使用をお願い致します。
ゴーコンW2の片方のブロックだけ紛失したので購入したい
電話またはメールにて承ります。「お問合せ窓口」よりお問合せください。
※量販店等での部品販売・取寄せ等はできません。ご了承ください。
問合せ・ノベルティ見積り依頼・非該当証明書発行依頼 をしたが返信がこない
当社より回答のメールが届かないというお客様は下記状況が考えられます。
下記項目をご確認いただき、いずれにも該当しない場合は、お手数ですがお電話にて再度ご連絡をお願いいたします。

  1. メール防止フィルターによって受信拒否されている可能性がございます。
    特に携帯メールアドレスをお使いのお客様が該当することが多いです。
    メール防止フィルターをご利用の場合は、フィィルターを解除し、[info@devicenet.co.jp]を受信できるよう設定をお願い致します。
  2. 迷惑メールフォルダに入っている可能性がございます。
    迷惑メール防止機能により当社からのメールが迷惑メールと間違えられ、受信画面に出てこない場合があります。
    迷惑メールフォルダやゴミ箱に自動的に振り分けられている可能性がありますので、一度ご確認頂きますようお願い致します。
  3. 入力いただいたメールアドレスが間違っている可能性がございます。
    大変恐れ入りますが、お客様が登録されたメールアドレスの記述が間違っている可能性も数多くございます。
    お手数ですが正しいメールアドレスをご入力のうえ、再度メールを送信してください。

※なお、17時以降のお問い合わせ、土日祝日等、当社の営業時間外にお問い合わせ頂いた場合は、翌営業日以降にメールてにご回答となります。


PAGE TOP
HOME >  サポート >  FAQ